ペットの一般的ながん治療の方法

犬や猫などペットががんになった場合の検査の種類

2016年09月26日 17時51分

 
  • 触診
おできやしこりができていないかを触診検査します。
悪性リンパ腫はリンパが腫れる症状があります。
触診での検査も有効です。
 
  • 血液検査
血液検査をすることで数値に異常がないどうかを検査します。
血液検査の結果を見たら手術をする場合に全身麻酔ができるかどうかがわかります。
がん以外に基礎疾患がないかどうか、犬や猫などペットの身体の異常を確認できます。
 
  • 細胞診検査
犬や猫などペットの腫瘍部分に極細のハリを指して細胞を採取。
腫瘍がどのような細胞ででているのかを検査します。
 
  • CT・MRI
レントゲン検査や超音波検査で犬や猫などペットに大きな腫瘍が見つかったとき、
手術でガン細胞を除去できるかどうかを確認する目的でCTやMRIの検査をすることがあります。